1. ホーム
  2. 家電・スマホ・カメラ
  3. カメラ
  4. その他
  5. ミノルタ RF Rokkor 500mm f 8 Telephoto 6357
【祝開店!大放出セール開催中】 64%以上節約 ミノルタ RF Rokkor 500mm f 8 Telephoto 6357 blockener.com.ar blockener.com.ar

ミノルタ RF Rokkor 500mm f 8 Telephoto 6357

11560円

ミノルタ RF Rokkor 500mm f 8 Telephoto 6357

商品の状態やや傷や汚れあり
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法ゆうパック
発送元の地域岐阜県
発送までの日数1~2日で発送









【並品】ミノルタ Minolta RF Rokkor 500mm f/8 Telephoto Reflex Mirror Lens マニュアルフォーカス 6357 ●外観コンディション 80% ・少し使用感ありますが、綺麗な商品です。 ・写真にてご確認ください。 ●光学コンディション レンズ ( クモリ ) - ごくわずか ( カビ ) - 無し (  傷 ) - ごく僅か ( バルサム切れ ) - 無し ( ゴミ、チリ ] - ごく僅か 撮影に問題ございません。 ●動作コンディション 動作良好です。問題ございません。 ●付属品 ・リアレンズキャップ 写真にてご確認ください。

ミノルタ RF Rokkor 500mm f 8 Telephoto 6357

日立 ロータリージーソード ROTARY G-SWORD HITACHI 3dネイルパーツ オーダー受付中 ゆめかわ くま いぬ 花 ハート どうぶつ 極美品 格安ゲーミングPC Core-i5 RX580 メモリ16 SSD240
スイッチ モンハン プロコン サンブレイクエディション 新品未開封
薔薇 5
息子がお気に入り

N7 ひなちゃんねる スポブラ
The Rokkor Files - Minolta 500mm f/8 ReviewThe Rokkor Files - Minolta 500mm f/8 Review
Minolta RF Rokkor-X 500mm F/8 Mirror Lens Review - Casual PhotophileMinolta RF Rokkor-X 500mm F/8 Mirror Lens Review - Casual Photophile
Minolta RF Rokkor-X 500mm F/8 Mirror Lens Review - Casual PhotophileMinolta RF Rokkor-X 500mm F/8 Mirror Lens Review - Casual Photophile
ダイソン dyson v6 baby+child
ゆう 4
スキューバダイビング用に購入しました。実際使用しましたが、もう少し保温性があればいいなと思います。

ジェネシスピュア リキッドクレンズ7本 新装版 クリムゾン・エンパイア 豪華版 vita
MINOLTA MIRROR LENSESMINOLTA MIRROR LENSES
Minolta RF Rokkor-X 500mm F/8 Mirror Lens Review - Casual PhotophileMinolta RF Rokkor-X 500mm F/8 Mirror Lens Review - Casual Photophile
Minolta RF Rokkor 500mm F8 on A7R IIMinolta RF Rokkor 500mm F8 on A7R II
★美品★エピフォン Riviera Custom P93 B♭クラリネットリガチャー りぺかん「木の精」
ミノルタ RF Rokkor 500mm f/8 Telephoto 6357 - メルカリミノルタ RF Rokkor 500mm f/8 Telephoto 6357 - メルカリ
SONY PCM-D1
いさささっ 5
めちゃ明るくてかなり気に入りました♪耐久性の方はまだ付けたばかりなのでわかりませんが本当この値段でこの明るさはいいです(≧∇≦)海外製の80Wとか買うならこれを買った方が安い・明るい・安心の三拍子揃ってるまめ電さんの商品がおすすめです(*^▽^)/★*☆♪

キース・へリング シルクスクリーンポスター『スイス建国700周年記念』
Peak design ピークデザイン カメラ ストラップ - メルカリPeak design ピークデザイン カメラ ストラップ - メルカリ
その他 ペンタックス FA 28mm F/2.8 AL Wide Angle 6351その他 ペンタックス FA 28mm F/2.8 AL Wide Angle 6351

2834.今日の植物(2317):ペトロフィレ

  今日の植物は、ペトロフィレといいます。再びヤマモガシ科に戻ってきました。

 ペトロフィレは、ヤマモガシ科 Petrophile属(ペトロフィレ属)の植物です。この属に分類される種を確認しようとThe Plant Listで調べてみますと、91の種名があげてあるのですが、そのいずれもが'Unresolved'(未解決?決着がついていない?)とされていました。このThe Plant Listの後を継ぐ(?)とされているThe World Flora on lineでは94の種名が挙げてありました。

 ウイキペディアにも多くの種名が挙げてありましたので、90前後の種がPetrophile属に分類されるものだと思われます。なぜThe Plant Listではすべての種が'Unresolved’とされているのか、よくわかりませんでした。

 ウイキペディアの情報によりますと、Petrophile属の植物はやはりオーストラリア固有の植物で、一般にConebushes(松かさ状の木)と呼ばれているようです。棘状の葉を持ち、ピンク、黄色あるいはクリーム色の花を咲かせるようです。
 属名のPetrophile はギリシャ語由来で、petra (=岩)+ philos( = 好む)と、岩地を好む性質から命名されたようです。

 切手に描かれているPetrophile latericola種は、これもWestern Australia州の南西部固有の植物です。針状の葉を持って、明るい黄色の花を咲かせます。また、絶滅が危惧される種に指定されているという情報もありました。

 写真です。これもネットから借用しています。

ペトロフィレ・ラテリコラ Petrophile latericola

         

 切手です。

ペトロフィレ・ラテリコラ Petrophile latericola

    
2019年 オーストラリア発行(種子保存)
 ●切手には、切手発行の趣旨として'Seed Banking'(種子銀行?)と記されています。植物の多様性を維持するために種子を保存する活動のことのようです。切手には種子が描かれていて、植物そのものは描かれていないという変わった「植物切手」になっています。
 ●一緒に発行された切手はこちらです。⇒切手植物図鑑 

スポンサーサイト



2833.今日の植物(2316):ディウリス

  今日の植物は、ディウリスといいます。前回のオーストラリア発行のセットに含まれていた植物です。

 ディウリスは、ラン科 Diuris属(ディウリス属)の植物で、The Plant Listには77の種が挙げてありました。

 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物はDonkey Orchid(ロバのラン)と一般に呼ばれているのだそうです。長い花弁を持っていてそれがロバの耳のように見えるところからこの名前になったのだそうです。
 1種がチモール原産である以外他の種はオーストラリアに固有の種だということです。多くの種では、黄色の花と少し濃い色の部分を持っているのですが、その姿は同じ時期に花を咲かせる他の植物に似せているということのようです。

 切手に描かれているDiuris corymbosa種は、Common Donkey Orchidと呼ばれ、Western Australia州の南西部の固有種だということですので前回登場したハケアと同じ地域に分布しているということになります。この種は、パース地区で最も一般的にみられるランで、大きな群生を形成しているということです。

 写真です。ネットから借用しています。なるほど、Donkeyだと合点がいきます。

ディウリス・コリンボサ Diuris corymbosa

        

 切手です。

ディウリス・コリンボサ Diuris corymbosa

    
2006年 オーストラリア発行(オーストラリアの野生の花)

2832.今日の植物(2315):ハケア

  今日の植物は、ハケアと言います。引き続きヤマモガシ科の未登場植物です。

 ハケアは、ヤマモガシ科 Hakea laurina属(ハケア属)の植物で、The Plant Listによれば6種を含む小さな属です。

 しかし、ウイキペディアの情報によりますと、Hakea属に分類される種の数は150種にもなるとされています。その違いを調べてみたのですが、ウイキペディアで種として紹介されていた多くのものがThe Plant Listでは'Unresolved’(未解決?決着がついていない?)とされていることによるようです。

 いずれにしても、ウイキペディアの情報によりますと、Hakea 属の植物はオーストラリアに固有の植物だということです。オーストラリアのすべての州で見ることができるのですが、Western Australia州の南西部にもっとも多く見られるということです。

 切手に描かれているHakea laurina種についてウイキペディアに情報がありました。
 それによりますと、この種はpin-cushion hakea(針山状のハケア)と呼ばれ、オーストラリアの西部に固有の種です。赤とクリーム色の人目をひく球状の花を咲かせ、槍状の葉を持っているということです。
 また、この種は、アメリカやイタリアでも園芸用、街路用に栽培されているということです。様々な質の土壌に適応し、霜にも耐性があり、日除け、防風用としても栽培され、土壌の浸食防止にも使われるという情報もありました。

 写真です。手元に1枚この属の写真がありました。それと、切手に描かれているHakea laurina種です。こちらはネットから借用しています。

ハケア・スベレア Hakea suberea

    
撮影:2004年4月22日 兵庫県三原町「淡路ファームパーク」

ハケア・ラウリナ Hakea laurina

        

 切手です。

ハケア・ラウリナ Hakea laurina

    
2006年 オーストラリア発行(オーストラリアの野生の花)
 ●この切手と一緒に発行されたセットはこちらです。⇒切手植物図鑑

(お詫びです)

 記事掲載を1回パスしてしまいました。バタバタしておりまして・・・トホホです。

2831.今日の植物(2314):アニソドンテア

  今日の植物は、アニソドンテアと言います。前回掲載したガンビアのセットの中で取り上げられていた植物です。

 アニソドンテアは、アオイ科 Anisodontea 属(アニソドンテア属)の植物で、The Plant Listでは22の種が紹介されていました。

 ウイキペディアの情報によりますと、Anisodontea 属の植物は、アフリカ南部原産だということです。葉には歯状の切れ込みがあり、ピンクからマゼンタ色の花は5枚の花弁を持っているということです。

 切手に描かれているAnisodontea capensis種は、African mallowと呼ばれ、海抜670~2200メートルの地域に分布しているということです。高さ1メートルから1.5メートルで、密集して成長し、春から霜が降りるまでの間、中央に赤い部分をもつピンクの花を咲かせます。
 園芸用に多く栽培されるということで、英国の王立園芸協会の賞を受けた植物でもあります。

 種小名のcapensisは「喜望峰地域の」という意味で、多くの植物の種小名に登場します。このブログに登場したcapensisにはつぎのようなものがありました。

 Ancylobothrys capensis(キョウチクトウ科)
 Drosera capensis alba(モウセンゴケ科)
 槍ヶ岳と鏡池の肉筆油彩画 サインあり  大特価 早い者勝ち
 Pavetta capensis(アカネ科)
 Phygelius capensis(ケープフクシア:ゴマノハグサ科)
 Plumbago capensis(ルリマツリ:イソマツ科)
 Tecomaria capensis(ヒメノウゼンカズラ:ノウゼンカズラ科)
 Wahlenbergia capensis(キキョウ科)

  写真です。ネットから借用しています。

アニソドンテア・カペンシス Anisodontea capensis

        

 切手です。

アニソドンテア・カペンシス Anisodontea capensis

    
2013年 ガンビア発行(アフリカの花)

2830.今日の植物(2313):ファウレア

  今日の植物は、ファウレアと言います。未登場の植物は、ヤブコウジ科からヤマモガシ科に移ってきました。

 ファウレアは、ヤマモガシ科 Faurea属(ファウレア属)の植物です。
 The Plant Listによりますと、Faurea属に分類される種は15種ほどだそうですので、小さな植物群ということになります。

 ウイキペディアの情報によりますと、この属の植物は熱帯アフリカからマダガスカルに至るアフリカ南部の雨林地域に分布しているということです。
 属名のFaurea は、南アフリカの軍人で植物学者、植物採取者だったWilliam Caldwell Faure氏 (1822-1844)に因んで命名されたそうですが、 インドでの作戦の途中で戦死した人でもあるようです。

 切手に取り上げられている次の種について情報がありました。

 Faurea rochetiana
  broad-leaved beechwood(広い葉のブナ?)と呼ばれ、スーダンから南アフリカの広い地域に分布。
 Faurea saligna
  樹高10~20メートルになる「優雅な」樹木、だと表現されていました。深い割れ目のある幹とヤナギに似た葉を持っているということです。(種小名のsalignaは「Salix(ヤナギ属)に似た」という意味があります。)

 写真です。切手に描かれた種の写真をネットから借用しています。

ファウレア・サリグナ Faurea saligna

        ⭐すぐに使えるブルーレイレコーダー AQUOS Blu-ray BD-W1600

ファウレア・ロケティアナ Faurea rochetiana

       

ファウレア・デレボイイ Faurea delevoyi

    

 切手です。手元に3種類がありました。

ファウレア・サリグナ Faurea saligna

    
1985年 (旧)ボプタツワナ発行(樹木保護)

(左)ファウレア・ロケティアナ Faurea rochetiana
(右)ファウレア・デレボイイ Faurea delevoyi  

           
    この2種類は、2013年 ガンビア発行(アフリカの花)

 ●一緒に発行されたセットをご紹介します。
  ボプタツワナ ガンビア
  
↓ここをポチッとしてください
FC2カウンター
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
プロフィール

Author:おにぐんそう2
週末は山歩きをしています。
鬼軍曹というニックネームをいただきましたのでそのまま使います。

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード